肌美容について

【秋の肌老化・肌トラブルとは?】

 

夏に受けた肌ダメージも涼しくなるにつれて落ち着いていくかのように感じていらっしゃる方も多いかもしれませんが、実は夏の紫外線ダメージを引きずり冬に向けての乾燥が始まるのは秋なのですよ。

この時期しっかりとお肌をケアしてあげないと、冬にはお手上げ状態になるかも。

夏にたっぷり浴びてしまった紫外線は、シミやしわを増加させるだけなく角質を厚くしてしまいます。これを角質肥厚といいます。

 

お肌は紫外線、外からの刺激に対して肌表面を厚くして守ろうとするのです。角質肥厚になると、毛穴が目立ち、乾燥肌、お肌がくすんで見える等の肌トラブルが起こります。

 

秋の肌状態は、季節の変わり目で、肌がとても敏感でデリケートな状態になっています。

そして、皮脂などの分泌機能低下、そして空気が乾燥してきます。

 お肌をとりまく環境で言えば、冬が最も過酷なように思われますが、秋もお肌にとっては要注意な季節なのです。

 

この時期こそ、プロにまかせて、一度お肌の大掃除をしてあげて古い角質を取り除く事をおススメします。

春先での肌トラブルとは?

春先のにきびや吹き出物は、冬の間に溜めこんだ老廃物を排出するために行われる身体の機能のなんです。

 

春先が一番お肌が敏感になり、揺らぎがちになります。

特に女性のお肌は正直ですし、良くも悪くも『顔』に出てしまいます。

 

サロンで使用しているデルマノイエル化粧品は、皮膚科医の友利新先生が開発した肌荒れを抑える基礎化粧品を使用しています。

 

だから、お顔のケアをより充実させたい方へ、フェイシャルの施術とデルマノイエル化粧品でのホームケアのアドバイスを致しております。